VRがもたらすであろうゲーム観戦の未来

VRは仮想現実っていって、現実ではない何かに入るようなあれです。

仮想の女の子ときゃっきゃするようなやつとかですね。サマーレッスンやりたい!

反対にARは拡張現実っていって、現実の世界に現実ではない何かを落とし込むようなあれです。

ポケモンGOとかIngressなんかはこっちです。



本題としてVRは、あらゆるイベントにおいて観戦と相性がいいということです。

ARでも出来なくはないけど、場所が限られる…。

簡単に例を出すと、現にこういうライブをVRで楽しむみたいなゲームがすでにあるんですよ。

プレイヤーは会場内の視点をいくつか移動できて、推しの子の近くに行けたり出来ます。



それをリアルタイムで行われているライブだったり、スポーツ観戦に落とし込むと絶対流行りますよね。

しかもVRで見ればキャパで入れない人とか高くてチケット買えない人も見れてお得!

ゲームの観戦にもこれが使えそうなんですよ。

配信のレイアウトだと選手のカメラぐらいしか現地の様子ってわかりっこないんですけど、VRを使えば現地の観客の雰囲気もわかるし、選手の手に汗握る様子もわかる。

近い未来にこういうイベントが増えないかな〜と僕は期待しています。

それとゲーム観戦におけるVRで期待したいのがもう1つあります。

自分が対戦ゲームの中に入って、その中を自由に動き回れたらすごい楽しいと思いませんか?

格闘ゲームだったらキャラ同士のじりじりした間合いの駆け引きを至近距離で見れたり。

FPS、TPSだったら自分がプレイしてるキャラとは別の視点で自由にみれたり。

プレイヤー以外の観戦者にも便利に、よりおもしろくしてくれるようなVRを使ったゲームとかイベントが出るとうれしいですね。

0 件のコメント :

コメントを投稿